ピルを処方以外で購入する方法

避妊薬で有名なピルは病院で処方されますが、もっと安価で購入したい方のための通販サイトがあります。医師の診察や診察料、通院費などもかからず、とても安く手軽に購入できるため多くの方が通販でピルを購入しています。

ピルの飲み方の間違えと処方箋を受けられない場合

ピルは服用方法が複雑なので飲み方を間違えてしまうと避妊の効果が2週間程度得られない場合があるのでその場合には男性に避妊具を装着してもらうなどの対処が必要になります。ピルの副作用は頻度は少ないのですが、血栓症のリスクが上昇するというものがあるので、喫煙をしている30代以上の女性に関しては処方箋を出さない医療機関も数多くあります。ピルによって血栓症になる割合は10万人に150人程度であるとされているので、約1000人に一人が血栓症を起こすとされています。またピルの服用方法を間違えてしまって、服用を中止してから再度服用を始めると副作用の頻度が上昇するとされているので、医師の指導にしたがって間違えのないように服用をすることが重要です。喫煙者の女性に対する処方箋は禁煙をすることを条件に出されることが多いのですが、ヘビースモーカーの女性の場合には血栓症のリスクがすでに高いので、処方箋が出されない場合があります。ピルは比較的安全性の高い薬として世界で使用されているのですが、血栓症が起きてしまうと死亡するリスクがあることから医療機関では血液検査などを行って、副作用を観察しています。インターネットでピルを購入する場合には服用方法をしっかりと把握してから飲み始めないと、副作用のリスクを高めてしまうので、必ず詳しい資料などを読んでから購入することが大切です。医療機関で処方箋が出されなかった女性は副作用のリスクが高いと判断されたことが理由なので、生活習慣を改善するなどの努力をしてから医療機関を受診することが必要となります。ピルは月経過多の治療にも使用される薬なので、避妊以外でも処方箋が出される場合があります。