関西で参加した婚活パーティー

関西だからといってふざけた感じはない

軽いノリで関西の婚活パーティーへ : 関西だからといってふざけた感じはない : ほんとに交際できるとは思わなかった

印象を確認するカードの記入の際も、会話のシーンをはっきり思い出しながら書けています。
気になっていた関西の人の婚活ですが、婚活パーティーの場ではやはり神妙な面持ちで、他の地域と違いはないと分かりました。
普段接している人達は明るく笑いを好む傾向なので、勝手に関西人のことを、何時でも相手を笑わせると思い込んでいました。
これは自分の反省点で、思い込みや決めつけは良くないと、パーティーの参加を通して学びました。
フリートークの時間では、楽しくお話できた相手と再び会話に入り、最初のトークの続きを楽しんだり、聞けなかった質問をしています。
以前はこのときの押しが弱かったので、積極的にアピールして好意を抱いているメッセージを発信しました。
更に、気持ちをメッセージに添えて渡す機会があって、その瞬間に感じた思いをストレートに書きました。
失敗や反省をバネにしたからか、最後の告白まで進むことができて、とうとうカップルになる相手が見つかりました。
ここで改めて、婚活パーティーが結婚を前提にした出会いの場だと気がつき、これから真剣なお付き合いが始まるのだと感じました。
友人の方は残念ながら上手くいきませんでしたが、あまりへこまず前向きだったので、この点は良かったと思います。